2013年09月05日

手を大きく振るには中指を伸ばせ、

手を大きく振るには中指を伸ばせ、そういうノウハウがたくさん詰まっています。
ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」


ちょっとしたカラダを動かすコツ
あなたはどのくらい知っていますか?


例えば、冒頭にあげた
手を大きく振るには中指を伸ばせ。


中指を伸ばすと、力を入れようとしなくても
自然と力が入った状態になります。


(試しにちょっとやってみてください)


中指を伸ばすと、手のひら全体、腕全体へとその力がつながっていきます。


こういったコツをどのくらい知っているかで
同じダンスを踊るにも違いが出てきます。


感のいい人はもう分かるかもしれませんが
プロのダンサーというのはこういうカラダを動かすコツを驚くほどたくさん知っています。


単純にプロと素人を比べてみると
プロは身体をどのように動かしたら無駄なく効率的か?
少ない力で最大限の表現ができるか?
ということをよく知っています。


素人はそういうことをいちいち考えることなく
ただあいまいなまま踊ります。
ですからダンスが曖昧です。


コツというのは知っているか、知らないか、それだけの違いです。


カラダを動かすコツをたくさん知ることで
的確に踊れるようになります。


ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」



posted by KAZUのダンス必修可! at 23:44| 主な内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンスの振り付けを何度も練習しても上達しない人は…

ダンスの振り付けを何度も練習しても上達しない人はこちらをご覧ください。
ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」


意味深なタイトルですが
ダンスは練習量を多くとってもある程度のところで伸び悩みます。
ほとんどのスポーツがそうだと思います。


それはなぜかというと
その人の運動神経以上の練習をしても
それらは全てただの筋トレと同じだからです。


運動神経とは、ここではその人の動ける可動範囲、体力の許容量も含みます。
つまりその人のダンスの器と言い換えてもいいかもしれません。


ダンスが上達したいと思ってがむしゃらに練習するときもあるかと思います。
それは精神力や体力、さまざまなものが鍛えられるので全く効果がないわけではありません。


しかしもっと効率のいい練習方法があるとしたら…?


ただ練習量を増やすだけでなく
頭を使った練習です。


そう、ダンスは身体だけでなく頭も思う存分使ったほうが
上達は早いのです。


そこで今回ご紹介するのが
これまでブレイクダンスで国内外で活躍してきたKAZUさんのDVD。


KAZUさんは今はダンススタジオを経営しながらも
自らレッスンを行い、全国各地でワークショップを行っています。


このKAZUさんのレクチャーは実に身体の理にかなった踊り方を教えてくれます。
他ではあまりないレッスン内容なので参加者の人はそれぞれが
それぞれの気づきを得ています。


もしあなたが今、ダンスに伸び悩んでいるとしたら
新しい考え方を取り入れてみるいいチャンスかもしれません。


どんなダンスにも応用が利くKAZUさんの身体の使い方。
これをマスターしたらこれまでよりも身体が軽く、
もっと自由に踊れるようになるかもしれません。


ぜひ一度試してみる価値ありです。
ライバルがこれを知る前に。


ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」
posted by KAZUのダンス必修可! at 18:00| KAZUのダンス必修可!の概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

KAZUのダンス必修可!のDVDはこんな内容になっています

KAZUのダンス必修可!はこんな内容になっています。
今回はそのボリュームたっぷりのDVDの内容をご紹介します。
ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」


DVD1(1時間12秒)

あいさつ
踊るための姿勢
姿勢の詳しい解説
姿勢のさらに詳しい解説
ラスト!姿勢の話
手の重要性
腕の重要性
上達のヒントは歩き方
足の不思議
腕の不思議
アイソレは腕を使うと簡単!
本当の胸のアイソレーション
腕を使った腰の動かし方
ステップの時のカラダの使い方
ステップの時のカラダの使い方 その2
ステップの時のカラダの使い方 その3
“歩く"について
リズムについて
リズムについて その2
重心のとり方
アップとダウンについて その1
アップとダウンについて その2
アップとダウンについて その3
アップとダウンについて その4
アップとダウンについて その5
体重移動について
体重移動について その2

DVD2(1時間49秒)

音の勉強
音の勉強 その2
手足の関係
痩せる歩き方
肩と腰の使い方
カラダのリミット
指先について
全力で動いてわかる発見
指でカラダを動かす
指でカラダを動かす その2
首のリズムのとり方
首のリズムのとり方 その2
グルーブとは?

ステップレクチャー
クラブ
ポップコーン
ランニングマン

素早い立ち方
ジャンプ力を上げる方法
ジャンプ力を上げる方法 その2
手を使ってカラダを動かす
一瞬で出来るジョーダン
足の裏の使い方
足の裏の使い方 その2
ボディウェーブ
ボディウェーブ その2
様々なジャンルを踊ってみよう

DVD3(1時間1分7秒)

ポップについて
手の使い方
ナンバ歩きとダンスの関係
ブレイキンについて
トップロック
トップロック その2
ツイストステップ
ツイストステップ その2
フリーズについて
バランスについて
フロアフットワークについて
フロアフットワークの準備 その1
フロアフットワークの準備 その2
フロアフットワークの準備 その3
フロアの時の腰の上げ方
6歩について
6歩について その2
スリーピング
スリーピング その2
スリーピング その3
ソロで踊る時のポイント
バトルについて その1
バトルについて その2(対談形式)
バトルについて その3(対談形式)

DVD4(1時間41秒)

ダンスがうまくなるには(対談形式)
うまくなるための意識に変えよう(対談形式)
好きになるコツ(対談形式)
現役時代の練習量(対談形式)
練習場所の環境について(対談形式)
講師から愛される方法(対談形式)
コンテストで勝つ方法(対談形式)
情報について(対談形式)
最後にメッセージ(対談形式)
終わりの挨拶




ダンス教材は数あれども、ダンスバトルやコンテストで勝つ方法まで
語ったものは今までなかったでしょう。
実にユニークな教材です。


ダンスを踊るにはそもそも身体の使い方から
マスターしていったほうが早い、という着眼点は
これまで国内外の数々の現場を渡り歩いてきたKAZUさんならでは。


ぜひこの教材で他の人に差をつけてください。


ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」


posted by KAZUのダンス必修可! at 23:12| 主な内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。