2013年09月07日

ダンスは振り付けを覚えるよりも身体の使い方を覚えるほうが簡単です

ダンスは振り付けを覚えるよりも身体の使い方を覚えるほうが簡単です。
ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」

kazu.JPG

ダンスがなかなか上手にならない人、
自分はセンスがない…といって挫折してしまう人、


これらの人たちには共通点があります。
それは、


ダンスの振り付けが覚えられらないから自分はダメだ
という間違った思い込みがあることです。


たしかにダンスでは振り付けを踊ります。
しかし実は振り付けを覚え、それを踊ることばかりにとらわれていると
ダンスの大事な部分を見落としてしまいます。


ダンスは振り付けを覚えるという、
ただそれだけの単純なスポーツではないのです。


ではダンスがうまくなる、上達するってどういうことでしょうか?


それは動きをより深く理解して
それを身体で表現できるということ。


ダンスの振り付けを覚えるのが少し早いからといって
それがすなわちダンスが上手い、という話ではないのです。


では、動きをより深く理解するとはどいうことでしょう?


それは動きのメカニズム・しくみを知っているということです。


例えば足を上げるとき。
使っているのは足の筋肉だけではありません。


足を上げるには足の筋肉だけではなく
腹筋も使います。
身体はつながっているのです。


ですから腹筋にも意識を入れることで
足を上げるというひとつの動作が変わってきます。


ダンスは振り付けを覚えるよりも身体の使い方を覚えるほうが簡単です。
そしてそのほうがより、ダンスの上達が明らかです。


身体の使い方を知ることで、より身体の実感をもって
ダンスを踊ることができます。


振り付けが覚えられないから自分はダメだ、とは思わないでください。
それはただの慣れ、経験、記憶力です。


センスとかダンスの上手さとは直結しません。


それよりも身体の使い方を覚えましょう。
そのほうが結果的に上手になりますし
振り付けを覚えるのも自然と早くなってゆきます。


身体の使い方を知るにはこちらのDVDがおすすめです。
ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」


posted by KAZUのダンス必修可! at 10:00| KAZUのダンス必修可!の概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。